マンガ『ひねもすのたり日記 1』ちばてつや 著 小学館

生後すぐ満州に移り、外地で太平洋戦争を経験、終戦後の混乱の中決死の思いで日本に引揚げてきた時の話。

ちば氏の実体験をそのまま描いているので登場人物の情緒がとても細やかで伝わってきた。

合間、合間にちば氏の現在の生活が挟まり、ほんわかさせてくれる。

この作品は読み手にもそうだが、ちば氏にとっても人生の一記録として残せて良いものになったのではないだろうか。

ひねもすのたり日記 第1集 (ビッグコミックススペシャル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です