マンガ『極道の食卓 1-13』 立原あゆみ 著 秋田書店

いつものヤクザものに流行りの料理をミックス。

任侠と情に暑い組長が主人公。

極妻と別れるシーンから始まるのがインパクトがあった。

そして、50歳半ばにして夜間学校に入るという設定も良い。

残念なのは、主人公に政策を批判させたりして現実の政治批判を取り入れてしまっている事。

どうしても政治に対する意見というのは右左どちらかに偏ってしまうので、できれば作中に入れて欲しくなかった。

極道の食卓(1) (プレイコミック・シリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です