マンガ『イサック 1-3』真刈信二 作 DOUBLEーS 画 講談社

戦国時代付近の西洋絵巻に登場した日本人の傭兵が実際にいたらという設定の作品。

主人公だから仕方ないがちょっと強すぎると思った。銃と剣の良い所取りじゃん。

唯一のライバルは卑怯であんまり魅力が無い。

これから他にも日本人の傭兵が出てくるのなら続けられそうだけど、いないなら早めに終わるかも。

イサック(1) (アフタヌーンコミックス)



【2018年7月30日追記】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です