マンガ『NeuN 1-2』高橋ツトム 著 講談社

ヒトラーが密かに自分のクローンを作ろうとしていたという設定。

要らなくなったクローンをナチスが追い詰めるが、それをマンツーマンで守る護衛が奮闘する。

ナチス時代の話は歴史として知るのが好きなので雰囲気が好き。

これ他の国(特にドイツ)では発禁指定されそうな絵でもある。内容は別としてその辺どうなんだろう。

NeuN(1) (ヤングマガジンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です