マンガ『55歳の地図』黒咲一人 著 日本文芸社

今まで描いてきた原稿等ほとんどの所有物を処分して、身一つで持てるだけの荷物でお遍路する話。

簡単に言うと「ホームレス漫画家四国を旅をする」。

その遍路の道中、色んな人の暖かさや心遣いに触れて再起を図る結果になっていた。

実体験モノとしては少々ありきたりの結末としか言えない。

人々の暖かさは元々お遍路さんに施しを与える「お接待」という文化があるからで、ホームレスの格好では同じような待遇は厳しいだろう。

所々に作者のエゴを感じてしまう。

今はその四国に移住してお遍路さんをサポートする側になったらしい(下記記事参照)。

あの人は今!マンガ”55歳の地図”の作者「黒咲一人」さんに会ってきた! – Office Seishiron | 海外から見た日本の 視点でビジネスを考える

55歳の地図


Kindle Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です