マンガ『おもいで停留所』 池田邦彦 著 日本文芸社

日本のバスにまだバスガールがいた頃の話(バンコクにはまだバスガール&ボーイが存在する)。

「でんしゃ通り」は恋愛というメインストーリーがあったが、こちらは泣かせる系の話が多く感じた。

自分はどちらかと言うと「でんしゃ通り」の方が好み。

おもいで停留所


Kindle Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です