マンガ『岡崎に捧ぐ 1-3』山本さほ 著 小学館

この作者は完全に自分と同年代で横浜も同じ。

どこかですれ違ってるかもなー。

小学校時代から高校まで。

当時、流行っていた遊びや商品が鮮明に蘇ってくる。

この岡崎さんっていう人の人柄も良い。育児放棄気味の家庭に育ったにも拘らずこの性格。

さほさんが3巻の終わりでもっと大人になっているかと思ったけど今もゲームしてるっていう言葉にもすごく共感できる。

そういう時代が変わったんだよね。

出会えて良かったマンガ。

『岡崎に捧ぐ』の杉ちゃんが『コンビニかけ合わせグルメ』本を出した! ディスク百合おん×山本さほの幼なじみ対談【前編】 | ダ・ヴィンチニュース

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です