マンガ『山賊ダイアリー 1-7』岡本健太郎 著 講談社

普通の若者が猟銃所持免許と狩猟免許を取得して、狩りを始める話。

普通と言ってもこの著者の場合、お爺さんが猟師でその手の英才教育を受けていると言っていいだろう。

だから、猟に関しての色んな事が受け入れられているんだと思う。

全くの未経験でここまで出来るとは決して思わない。

自分で撃って狩った獲物をしっかりと料理して美味しそうに食べているのが印象的。

また、自分的には最近アマゾンプライムの「今田×東野のカリギュラ」で東野が鹿と猪を実際に狩っているのを見たばかりでこの作品の内容がタイムリーだった。

7巻までしか無く、打ち切りになったのかなと思ったら山だけじゃなく海も対象に新シリーズで始めたのね。

山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です