マンガ『空挺ドラゴンズ 1』桑原太矩 著 講談社

表紙の綺麗さに惹かれて読んでみたが、内容は期待ハズレだった

捕鯨のパロディで龍を狩るという龍鯨しながら町々を流れ行く者たちの話。

龍の料理マンガというのがメインテーマとなっているが、そもそも出来た料理を見ても美味しそうじゃない。

安易な料理マンガブームに乗った一冊であろう。

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です