マンガ『江川と西本 1-7』森高夕次 作 星野泰視 画 小学館

グラゼニ」と同じ原作者が作った江川と西本のマンガ。

江川は今も解説者としてよくテレビに出てくるので知っていたが、西本は全く知らなかった。

あと、定岡がこんなにイケメン扱いだったとは(笑)。

全盛期は自分が生まれる前みたいなので知らなくて当たり前かもしれない。

でもこの作品を読んで彼らが如何にすごい投手だったのか、よくわかった。

また、江川の空白の1日というのは出来事としては知っていたが、経緯が全然わかならかったのでそれも詳しく知ることが出来た。

ふと読んでみたマンガだったが、自分的に大当たりの作品。

江川と西本 1 (ビッグコミックス)



【2018年03月10日追記】



【2018年09月29日追記】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です