マンガ『力道山プロレス地獄変 上下』増田俊也 作 原田久仁信 画 双葉社

「KIMURA ~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~」の完結編。

力道山と木村政彦がどうやって交わり、どうやってあの試合が行われたのかが描かれている。

結局、あの試合はプロレスをやるという念書を書いているのに力道山が破ったという理解で良いのかな。

でもその念書があるのに何で木村政彦の名声が死ぬまで回復されなかったのかが解せない。

プロレスかセメントか結局それは本人達にしかわからないって事か。

力道山プロレス地獄変(上)木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~最終章~ (アクションコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です