マンガ『ロッカク 1-2 (電撃ジャパンコミックス)』見ル野 栄司著 アスキー・メディアワークス

個人的には「シブすぎ技術に男泣き!」よりこっちの方が好き。

ものづくりの現場、しかも零細工場でひょんな事から働くことになった主人公。
技能五輪大会優勝を目標に、スキルとアイデアを熱血的に伸ばしていく成長物語。
周りのキャラクターも映えていて面白い。

ロッカク(1) (電撃ジャパンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です