マンガ『KIMURA ~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~ 0-10』増田俊也 作 原田久仁信 画 双葉社

伝説の柔道家、木村政彦の伝記的作品。同名ノンフィクションの漫画版である。

師匠牛島辰熊との関係、砂利掬いの出自、天覧試合での勝利、戦後の落ちぶれ具合、ハワイ・ブラジル遠征等々、名前だけしか知らなかった彼の偉業の数々が知れた。

なぜそこまでの名声と力があったのにグレイシーが声を上げるまで、黙殺されてきたのか、著者増田氏の木村愛がこれでもかと伝わってきた。

講道館とは別にもう一つの寝技中心で実践に近い柔道をやっている高専柔道というのがあるのは初めて知り、目から鱗だった。

KIMURA vol.0~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~ KIMURA~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~ (アクションコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です