マンガ『竹光侍 1-8』松本大洋 画 永福一成 作 小学館

江戸時代の浮世絵のようなタッチで趣がある。

ここまで凝ったマンガ作品は他に類を見ない。

ストーリーはよくある復讐モノではあるが、登場人物(特にメインを張るキャラ達)の個性が際立っていて面白い。

後半はほとんど鬼退治になってしまっていたので願わくば、宗さんと勘さんのほんわかストーリーをもっと読みたかった。

武士の本懐が正しく表されている作品。

竹光侍(1) (ビッグコミックススペシャル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です