マンガ『センゴク兄弟 1-6』細川 忠孝 画 東郷 隆 作

センゴク」のアシスタントだった細川忠孝氏がゴンベーの兄をメインに据えて描いたマンガ。

原作は東郷氏。

センゴクとタイトルには付いているが、人物の画は全く別物。

シリーズを読んでいる人にはかなり違和感があるが、ストーリー上は勿論史実に沿っているので問題無い。

長男なのに家督を弟に譲る。

その本意は結局よくわからなかったが、家の為とは言え本人も複雑な感情だっただろうな。

センゴク兄弟(1) (ヤンマガKCスペシャル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です