マンガ『新装版 BLAME! 1』弐瓶勉 著 講談社

読者への状況説明をほとんどしないで読み進めるうちに自分で理解しろというスタイルの作品(だと思う)。

主人公は何を目的にしているのか、何をすれば良いのかというのが全くわからないまま進んでいく。

独特であり、挑戦的でもあると感じた。

新装版 BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です