マンガ『ヒカルの碁 1-3』ほったゆみ 作 小畑健 画 集英社

将棋は結構やってたのでよくわかるが、このマンガは碁をテーマにしている。

自分は全く碁のルールがわからないので、話の進行と同時に少しづつルールがわかっていくような気がした。

主人公とライバル、霊として登場する天才棋士の対比がしっかりしていてブレないのが良い。

ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です