マンガ『へうげもの 1-3』山田芳裕 著 講談社

武士だが、茶器や陶器などの文化的であり高価なものに目が無い男の話。

そんな主人公なのでこの時代にありがちな、戦闘シーンはあまり出てこない。

彼が茶器等の賄賂(偽物だけど)を敵方に贈って解決してしまうからである(笑)。

普通とは一味違う戦国マンガを読みたくなったらこのマンガが良いだろう。

へうげもの(1) (モーニングコミックス)



【2018年4月2日追記】

てっきり空想の人物かと思ってたけど、実在していたんだな。

最後は乙でした。表情の表現が見事。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です