マンガ『COPPELION 1-3』井上智徳 著 講談社

3.11後に起きたフクイチ事件を予期していたかのようなストーリーで驚いた(この作品は2008年発表)。

遺伝子改造によって放射能の影響が出ない女子高生3人が主人公。

それぞれ特別な能力を持っていて、SFらしさが出ている。

レビューでは科学的描写の杜撰さが多く指摘されていて、3.11以前にはその辺スルーできていたけど、実際に放射能事故が起きた事によってその意味合いが変わった事が伺える。

COPPELION(1) (ヤングマガジンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です