マンガ『もののけ草紙 壱』高橋 葉介 著 ぶんか社

昭和タッチの妖怪物語。

妖怪を書く時はやけにリアルになるのが特徴的。

あとがきに主人公の年齢は13,4歳を想定していたと描かれていたが、読むと分かる通りヌードが多用されているため全然子供に見えなくなっている(笑)。

もののけ草紙: (壱) (ぶんか社コミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です