マンガ『信長協奏曲 1-12』石井あゆみ 著 小学館

面白かった。やはり歴史物好きだなー

未来から戦国時代に飛ばされて、そこで信長として生きることになった高校生の話。

戦国自衛隊に少し影響はされてるのかな?

どうせなら未来から来た人全員がその歴史上の人物と同じ顔だったら整合性が取れてたのにな(ヤングはそもそも歴史上に関係ないし、松永は違う顔)。

秀吉兄弟が忍び出身っていうのは、物語に緊張感を常に持たせていて良いアイデア。

主人公の軽さに常に周囲の人物が驚いているのが滑稽。

直感的行動で物語が進むというのもわかりやすい。

重要人物、明智光秀の名前をアイダさんと間違えて覚えてるのはさすがに都合良すぎるけど(笑)

信長協奏曲(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)


【2017年2月04日追記】



【2017年5月01日追記】



【2017年11月28日追記】



【2018年07月01日追記】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です