マンガ『ギャングース 1』肥谷圭介 画 鈴木大介 作 講談社

犯罪を取材している記者がストーリーを考えているという事で、色んな犯罪方法が作中に出てくる。

どれも実際にあるリアルさがマンガに生きている。

犯罪助長と抑止が両方ありそうで稀有な作品。

ギャングース(1) (モーニングコミックス)



【2017年12月15日追記】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です