マンガ『東京ぬりえきせかえ 1』深見 じゅん 著 講談社

初っ端から読み手を辛い気持ちにさせてくれる。

その後の展開も主人公の不遇な日常が綴られており、終盤になって少し希望の光りが見えてくる。

だが、その光も偽りの光かも知れない…

非常に主人公を助けてあげたい、労ってやりたいと思わせるマンガ。

東京ぬりえきせかえ(1) (BE・LOVEコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です