マンガ『青 オールー 第一集』羽生生 純 著 KADOKAWA / エンターブレイン

画の下手上手的タッチでキャラクターの狂気を出そうとしてるのが見え見え。

そのタッチもっどこかで見たことある風(誰のタッチかは忘れたが)。

だが、ストーリーはそこそこ面白い。

青 オールー 第一集<青 オールー> (ビームコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です