マンガ『EDEN1-2』遠藤浩輝 著 講談社

謎のウイルスにより人類滅亡の危機に貧している地球で生き残った主人公達の話。

ストーリー展開としてはよくある地球終末論がベースとなっている。

レビューでも多くの人が指摘しているが、登場する小道具等が作者が今まで観たり読んだりした作品に強く影響されている。

良く言えば模倣・パロディ、悪く言えばパクリである。

ストーリー的にも散々やり尽くされている話なので、何処にオリジナリティを見出すかが人によって異なると思われる。

EDEN(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です