マンガ『最強!都立あおい坂高校野球部1-26』田中モトユキ 著 小学館

野球漫画はやっぱりハマる。一気に最後まで読んだ。

この作品は全編を通してたった1回の甲子園夏のみを取り扱っていて、時間軸がほとんど変わらず話の密度が濃い。

9人というチームで1人でも欠けると失格ということで、ケガをしても気合でやり過ぎな所が目立った。

もう少し補欠を入れて代打のシーンも入れれば、もっとリアリティが出たんじゃないかな。

あと、メインの主人公が定まっておらずサブメインが複数いる感じになっていたのでそこが惜しい。

女性陣は男が描く理想の女性って感じになっていてそこは魅力的でアリ。

最強!都立あおい坂高校野球部(1) (少年サンデーコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です