マンガ『太郎(TARO)1』細野不二彦 著 小学館

普段はあまり仕事の出来ない会社員だが、実はプロボクサーの顔も持っていて強い男という話。

この物語のパターンは男性によくある「自分は実は強い男なんだ」という妄想をマンガとして具体的に表現。

なかなか共感できて読む人間にポジティブさをもたらしてくれる。

太郎(TARO)(1) (ヤングサンデーコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です