マンガ『新・味いちもんめ1-3』倉田よしみ 著 あべ善太 原 福田幸江 シ 小学館

日本料理の料亭料理人物語。

新とあり、シリーズものだがあまり過去の事は知らなくても読める。

登場人物の台詞がちょくちょく上から目線で鼻に付くのが気になった。

あまり感情移入できない。

料理の知識は為になるが、物語としてはつまらない。

新・味いちもんめ(1) (ビッグコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です