マンガ『Sエス―最後の警官―1-3』藤堂裕,小森陽一 著 小学館

自分的に大分ハズレ作品。

SAT(実在)とNPS(非実在)という警察特殊二大組織の競争を描いている。

実在しない組織だけあって、結構無茶苦茶なご都合主義展開で冷めてしまう。

つまらない。もっと現実に則して描いても良かったのでは?

S(エス) 1集 (ビッグコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です