マンガ『岳1-3』石塚真一 著 小学館

これを読んで山に登る人も多いと聞く。

確かにそれだけ、山に登るという遭難や事故の危険性が高い行動をメリットデメリット含めて魅力的に描いている作品なんだと思う。

一つ気になったのは、主人公の今の職業が救助ボランティアという事だが、これって報酬出るのだろうか。

出なかったら生活出来ないよなぁ…(山で生活してるから大丈夫か)

この作品は結構人の死について描いていて(山登りをただ礼賛するのでは無く)現実にちゃんと向き合ってていいなとも感じた。

岳(1) (ビッグコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です