マンガ『月下の棋士1-3』能條 純一 著 小学館

将棋マニア以外には一般的に知られていない将棋の世界。

特に奨励会は普通の人からしたら仕組みやルールが謎だと思う。

その辺を主人公が勝ち登って行くという展開で説明しているのが上手い。

将棋という勝負の世界に命をかけて戦っている人達がいるという事を教えてくれる。

月下の棋士(1) (ビッグコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です