マンガ『彼岸島 最後の47日間1-3』松本光司 著 講談社

吸血鬼に感染させる蚊を日本全土に放つタイムリミットが47日間という事だが、吸血鬼側はそんなリミット設けなくて良くないか?

すぐ放てば人間側はどうしようもないし…そんな人間側を助けるような設定に初っ端から疑問を感じたので面白いとは思わなかった。

内容はどうすればグロくなるかを考えぬいたような絵柄ばかり。

マンガ表紙はオドロオドロしくてすぐ目を背けたくなるほどの出来。

彼岸島 最後の47日間(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です