マンガ『日々ロック』榎屋 克優 著 集英社

正直映画化されるほどの魅力をこの作品には感じなかった。

表紙からして絵がヘタウマ系で雑。

話の内容である主人公の夢を追いたい気持ちは、作者のマンガ家への気持ちと通ずるものがあるんだろうなと思った。

だが特に感銘を受ける事も無かったし、面白くも無かった。

簡単に言うとDMCの二番煎じのような気も…

日々ロック 1 (ヤングジャンプコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です