マンガ『ZUCCA×ZUCA 1』はるな 檸檬 著 講談社

宝塚オタク、通称ヅカヲタの話し。

作者のタカラヅカ愛がこれでもかと伝わってくる。

宝塚のファンはどこか上品なイメージがあるが、そのイメージ通りの一途で純粋なファン活動が垣間見れた。

自分は「ごぶごぶ」という番組でハマちゃんと東野が宝塚の町を歩いた時にヅカヲタなる人種がいると知ったが、このマンガでその生態がよくわかった。

ヅカオタの日常は普通の人から見ると突飛に見えて面白い、そんな日常をうまく切り取って著している。

特に“ソーラーパワー”というフレーズは編集さんが気に入っているとあったが確かに面白い。

よくこれだけネタがあるなーとも関心する。

とても気に入ったマンガ。

ZUCCA×ZUCA(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です