マンガ『恐怖新聞1』つのだじろう 著 ゴマブックス

一つ一つのセリフが長文。

棘々しい作風がストーリーにあっている。

描かれた当時(1970年代)の世相を色濃く反映しており、流行りや世間の考えが伝わってくる。

確かに歴史に残る作品だった。

あんまり怖くは無いけど(笑)

恐怖新聞(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です