マンガ『きみはペット(1)』小川 彌生著 講談社

エリートの女性が周りから浮いていると感じながら生活している所に現れた、自分より年下の男。

その男をペットとして受け入れ、最初はそうでも無いと思っていたが段々と欠かせない人間になっている事に気付く。

ありえない設定だが、作品としては面白い。

モダンダンスという舞台で普段とは違う一面があるというのが、単なるダメ男では無いとして女性に受け入れられやすくなっているんだろうな。

ちなみにこの作品、「第27回(2003年) 講談社漫画賞」を受賞しているらしい。

きみはペット(1) (講談社コミックスキス (318巻))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です