マンガ『バロン 1巻』六田登 著 ゴマブックス

怪力自慢の主人公とその彼女が宇宙船騒動に巻き込まれていく話。

読んでいて思ったのは、最近こういう露骨なUFO表現って少なくなった気がする。

昔と比べて、オカルト系の話も盛り上がらなくなったしな。

オカルト雑誌「ムー」はいつまで続けられるんだろう。

バロン 1巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です