マンガ『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら1-2』椿 あす、岩崎 夏海 著 集英社

まず感じたのは絵が少女マンガ過ぎて、自分にはあまり合わなかった。

ドラッカーのマネジメントをメインにしたいのは分かったが、これ野球にする必要全く無いじゃんと読んでいて思った。

野球のプレーに関するマンガでは無いのはわかるが、野球が話にほとんど関わって来ないのである。

仮にも野球をテーマにしているなら、もっと深い所まで入れた方が良いのでは。

んーこれの小説版がヒットしたんだよなぁ。

マンガの合間に岩崎氏とマネジメント訳者の対談が入るのだが、そこでも岩崎氏は自意識過剰で自分が言っていることは絶対間違ってないという意識が伝わってきたのは笑えた。

「自身初の小説だが、発売されて改めて読んでみると本当に面白い作品だ。」と自分で言うのである。

ニコニコ生放送で見る岩崎氏そのままだな。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(1) (ジャンプコミックスデラックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です