マンガ『新サラリーマン金太郎 第1-7巻』本宮 ひろ志 著 サード・ライン

うーん、アラビアヤマトの社長になって活躍している所までは良かった。

刑務所に入ってから回想の話が多くなって(作者自ら順不同と名づけたらしいが)、金太郎らしさが薄くなった気がする。

特に後半の出版社の社長になるっていうのは、設定だけが最初にある付け焼き刃の中身に思えた。

作者は自分が書いているマンガの事も含めて、リアルタイムに電子出版というテーマでやりたかったというのはよく分かるが、ストーリーとしての面白さはあまり感じなかった。

自分が読んだ電子貸本Renta!では全7巻完結となっているが、最後あれで本当に終わりなのだろうか…

何となく消化不良。

新サラリーマン金太郎 第1巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です