マンガ『GANTZ 1-37』奥 浩哉 著 集英社

マンガ『GANTZ 1-37』奥 浩哉 著 集英社

この前のキングダムに続き、このガンツも1-6巻無料キャンペーンだったので読んでみたら見事にハマってしまい一気に最後まで読んでしまった。

最初は地球にいる異星人を倒すというGANTZの球世界の範囲内で物語が進んでいたが、段々と壮大になって最後は違う文明の異星人が移住先にするために侵攻しているという超展開は素直に面白かった。

ただ、最後周辺と最後のオチが呆気無いと思ってしまった。

あそこまで壮大に広げたのに最後はこんなものかーというがっかり感がある。

例えるならゲームで最後のボスより、前に戦った中ボスの方が強かったじゃんって感じ。

最近ではあまり珍しくなくなったが途中(多分Twitterが流行りだした2009年頃?)からTwitterや2chの書き込みも登場する。

全体的に扉絵や内容に裸体が多く登場するので、その辺が受け入れられない人(特に女性)が結構いそう。

巨人、ロボット、パワースーツこういう設定少し飽きてきたかも。

それにしても「たえちゃん」「けいちゃん」このセリフ何回出てきたんだろう(笑)

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です