マンガ『100万の命の上に俺は立っている 1-9』山川直輝 作 奈央晃徳 画 講談社

死ぬけどすぐ復活する世界で勇者として色々なクエストをこなしていく異世界(パラレルワールド)話。

周回クリアの概念や、勇者と他の人間の時間経過の違い、瞬間移動等々ゲームの世界観が強い。

ごちゃごちゃしているが、最終的目標の謎が残されているのでそれが気になって続きを読んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です