マンガ『無敵道 1-9』楠本 哲著 少年画報社

マンガ『無敵道 1-9』楠本 哲著 少年画報社

元ヤクザな道を歩んできた男が新宿歌舞伎町に弱者救済所を開いていて、そこに持ち込まれる依頼を解決していく話。

主人公の経験を生かした形になっているが、ちょっと強すぎ感がある。

全体的に最後まで今ひとつ盛り上がりに欠ける。

最後のどんでん返し的なオチも何か予定調和だったし。

ヤクザの抗争等も描かれていて映画「アウトレイジ」を連想した。

あと、タイトルの「無敵道」は「むてきどう」って読んでたけど表紙に「むてきみち」って書かれているのに5巻くらいになってから気付いた。

無敵道 1 (ヤングキングコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です