マンガ『HELLSING 1-10』少年画報社 平野 耕太 著

マンガ『HELLSING 1-10』少年画報社 平野 耕太 著

グロ描写が満載だが、とにかくストーリーに引きこまれる。

吸血鬼のキャラクター性が強いし設定も面白い。

英国vsバチカンvsドイツという史実には基づいていないが、舞台としての背景は踏襲しているので納得できる展開。

裏切りという物語の技も難なく入れていて驚きもあり。

全体的にドラゴンボールの世界観に近い気がした。

HELLSING 1 (ヤングキングコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です