マンガ『いくさの子 ‐織田三郎信長伝‐ 1-2巻』原哲夫 画 北原星望 作 コアミックス

信長の才能、人望を集める姿が幼少の吉法師の頃から描かれる。

自分の身代金を高くして、その金を分捕るという発想は面白かった。

うつけの父としてよくイメージされる父親の信秀もここでは切れ者として登場している。

いくさの子 ‐織田三郎信長伝‐ 1巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です