マンガ『5五の龍 1』つのだじろう 著 ゴマブックス株式会社

今では内容的に出版されないであろう昭和臭満載の将棋マンガ。

賭け将棋師を父に持つ息子が主人公。

将棋を強くなって父を助けたいというが、その主人公がちょっと横柄すぎるので感情移入しにくいのが残念。

今では大人気になっている加藤一二三棋士もマンガ内に登場している。

5五の龍(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です