マンガ『君が死ぬ夏に 1-7』大柴健 著 講談社

登場人物全員美男美女。

高校生同士の純な両想い(当人達は知らないが読み手は知っている)状態が最後まで続くのでほんわかした雰囲気。

そこに殺人、タイムリープという出来事を入れる事で緩急を作っている。

狂気は包丁だけど、海外だったら当然銃だよなーと思った。

君が死ぬ夏に(1) (週刊少年マガジンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です