マンガ『あしたのジョーに憧れて 1』川三番地 著 講談社

ちばてつや氏のアシスタントをしていた著者が主人公の作品。

著者がその時どう思ったか、どう技術を習得していったか、仕事環境はどうか等々が読み取れる。

先生の仕事観が垣間見れるのは貴重だと思う。

あしたのジョーに憧れて(1) (月刊少年マガジンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です