マンガ『BEASTARS 1-14』板垣巴留 著 秋田書店

動物を擬人化した物語。

動物の特性がそのまま各個人の特徴として出ていて非常にユニーク。

根本のテーマである肉食と草食の融合、争い、本能が常に意識された世界を見事に表現している。

孤高の狼が主人公っていうのも良い塩梅。

続きが気になる作品。

BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です