PC『Syberia(シベリア)』Anuman / Microids

マップの造形はこのゲームリリース当時(2002年)において、レベルが高い作り込み。

このゲームはビッグフィッシュゲームでも取り扱ってる事から分かるようにアイテム探し系アドベンチャー。

最初はすぐ終わるかなと思ったけど、全然そんなこと無くかなりの大作だった。

同じ場所を行ったり来たり何回もしなくてはならない(所謂お使いゲーム)ので、後半はだいぶ飽きてしまい攻略サイトを見てプレイした。

それでも約10時間掛かったので自力でやるとこれの1.5倍から2倍かかりそう。

こんなの絶対分からないだろと思うような理不尽な仕掛けもある。

シベリア 日本語版



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です