マンガ『転生したらスライムだった件 1-11』伏瀬 作 川上泰樹 画 みっつばー 他 講談社

この前読んだ「本好きの下剋上」に続いてラノベ原作のコミック。

いわゆる転生モノ。何でこのジャンルが人気あるのか少し分かってきた気がする。

現代の自分の知識を活かしながら、異世界でどうやって生きていくかを模索し、乗り越えていくその過程が面白いのである。

中二病的要素が技の名前やキャラ名等々で発揮されるがそこまで気にならないレベル。

大賢者スキルはチート過ぎると思ったけど。

一気に読んだし、続きも気になる。

転生したらスライムだった件(1) (シリウスコミックス)[amazonjs asin="4065147808" locale="JP" title="転生したらスライムだった件(11) (シリウスKC)"]

【2019年07月10日追記】

[amazonjs asin="B07TW6WNT2" locale="JP" title="転生したらスライムだった件(12) (シリウスコミックス)"]

【2019年12月15日追記】

[amazonjs asin="B08214NYQM" locale="JP" title="転生したらスライムだった件(13) (シリウスコミックス)"]

【2020年04月07日追記】

[amazonjs asin="4065187591" locale="JP" title="転生したらスライムだった件(14) (シリウスKC)"]